【肌トラブルを解消】悩みに合ったスキンケア方法を見つけよう

美容液

製品の使い方

化粧水や乳液などのスキンケア製品は使用量がだいたい決められています。もったいないからといって少量だけ使うと効果が落ち、だからといって大量に使っても無駄になります。適量を使うのが肌にとってもお財布にとってもベストです。

基礎化粧品

肌への栄養補給を心掛けて

肌は常にスキンケアで健康な状態に保っておくことが大切です。何もしないでいることは常に紫外線などのダメージを受けている状態ですので、年齢ごとに自分の肌の調子を把握し健やかな肌でいられるよう心がけましょう。

女の人

肌質にあったケア方法

一年中粉がふいてかさつきやすいのが乾燥肌、ニキビができやすくファンデが浮きやすいのが脂性肌です。肌質は人それぞれ違います。肌の悩みを改善するためには、自分の肌質にあったスキンケアをすることが大切です。

婦人

化粧品のえらび方

化粧品は現在、様々なメーカーが開発・販売を行なっています。その為。購入時には悩んでしまうこともあるでしょう。そのような場合は、通販限定の化粧品などもネットでチェックしてみましょう。
化粧水

悩みは一つずつがポイント

気になる悩みや抱えている肌トラブルからスキンケア商品を選ぶ際には、悩みを一つに絞った上で商品選びをすることが大切です。また、肌の状態を判断する際は、客観的な視点を持つことが正しい商品選びに繋がります。

シワの有効なケア方法

手

シワの種類で変えよう

肌の年齢を一気に老けさせてしまう「シワ」ですが、毎日のスキンケアによって予防する事は可能と言われています。ただ、シワといっても大きく分けて2つの種類があり、それぞれのシワに合った有効成分を配合した基礎化粧品でのスキンケアが必要です。いつまでも若々しさをキープしたいのであれば、シワの種類とその種類に合った有効成分を知っておく必要があります。シワは大きく分けて「表皮性シワ」と「真皮性シワ」という2つの種類に分けられており、出来る場所もそれぞれ異なるのが特徴です。表皮性シワは乾燥によって引き起こされるシワなので、「乾燥じわ」とも言われており主に乾燥しやすい目元に出来やすい傾向にあります。真皮性シワは真皮という肌の深い部分の老化現象で起こるシワで、おでこの深いシワやほうれい線などは真皮性シワに入ります。乾燥と肌の老化とシワが出来る原因に違いがあるので、表皮性シワと真皮性シワに合ったスキンケアをしなければならないのです。乾燥によって出来やすい表皮性シワの場合、セラミドやヒアルロン酸といった保湿効果の高い成分を配合した基礎化粧品でのスキンケアが有効となっています。真皮性シワの場合、コラーゲンやエラスチンの変性によって出来るので、これらの修復や生成を促す効果のある美容成分でケアしてみましょう。レチノールやビタミンC誘導体、ペプチドといったコラーゲン・エラスチンの修復を促す美容成分でのスキンケアがおすすめです。

RECOMMEND POST

美容液

製品の使い方

化粧水や乳液などのスキンケア製品は使用量がだいたい決められています。もったいないからといって少量だけ使うと効果が落ち、だからといって大量に使っても無駄になります。適量を使うのが肌にとってもお財布にとってもベストです。

基礎化粧品

肌への栄養補給を心掛けて

肌は常にスキンケアで健康な状態に保っておくことが大切です。何もしないでいることは常に紫外線などのダメージを受けている状態ですので、年齢ごとに自分の肌の調子を把握し健やかな肌でいられるよう心がけましょう。

女の人

肌質にあったケア方法

一年中粉がふいてかさつきやすいのが乾燥肌、ニキビができやすくファンデが浮きやすいのが脂性肌です。肌質は人それぞれ違います。肌の悩みを改善するためには、自分の肌質にあったスキンケアをすることが大切です。

Copyright© 2017 【肌トラブルを解消】悩みに合ったスキンケア方法を見つけよう All Rights Reserved.