e-MACSとは|フランチャイズでお店を持とう

背広の人

直感的な操作が可能

レジスター

顧客管理や勤怠管理も可能

一般的なレジの形といえば、百貨店やスーパーマーケットなどでよく見かける、大きめの箱型のものを想像すると思いますが、タブレット端末でもアプリをインストールすることでレジの機能を持たせることが出来ます。メリットは多数ありますが、その大きさの違いから、スペースの有効活用という点があります。狭小の店舗などでは優れたメリットになりえますよね。タブレットは持ち運べるその小ささとともに、レジ以外の使い方も可能です。アプリをインストールすることで様々な役割を持たせることが出来ます。売上の計算はもちろんですが、社員の勤怠管理や顧客情報を入力することで、客の趣向を捉えた顧客管理にも利用できます。それを自前のサーバやクラウド上でデータを蓄積し、データベースとすることが可能です。勤怠管理にしろ顧客管理にしろ、専用のパッケージソフトで管理するものと思われがちです。どこまで機能を求めるかにもよりますが、タブレットに搭載するアプリは基本的な機能は搭載されているので、まずは利用してみるのが良いのではないでしょうか。また、タブレットはアイコンをタップすることで利用するものなので、直感的に操作が可能です。専門の知識を持っていなくても、画面を見ることで必要な処理を行うことが出来るのも、大きな魅力と言えます。レジ機能に特化したタブレットにするか、多彩なアプリをインストールして多機能なタブレットにするかは、業務の運営体制や人員配置などで判断していくことになります。