e-MACSとは|フランチャイズでお店を持とう

背広の人

治療院のコンセプトを考案

マッサージ

手技やノウハウを学びます

柔道整復師の国家資格を取得する人の多くは将来の開業を見据えている方が多いです。どこか整骨院で手技やノウハウの修行を積みながら、そう遠くない将来に開業の目標を掲げていることでしょう。修行なしに開業する方もいますが、非常にまれです。先に開業している先生方から手技や経営方法を伝授してもらってから開業する方が多いです。整骨院や接骨院などを経営する柔道整復師の先生の元、修行しながら夜間学校に通うなどしながら資格を取得する方が多いです。柔道整復師の国家資格を有した技術者が身体に不調を訴える患者様の治療に当たるのですから、手技だけではなく実際に治療メニューや患者様とのコミュニケーションスキルも必要になります。柔道整復師は整骨院や接骨院などの名称で看板を掲げて開業することが可能です。最近はずいぶん減りましたが、少し前までは「ほねつぎ」という看板を掲げて積極的に骨折の治療にも当たっていました。柔道整復師によっては骨折や靭帯損傷に対する施術や急性期を過ぎたリハビリ的運動の指導にもあたるのが得意な方もいて、それを治療院のウリにして集客しています。電気治療で筋肉を緩め関節の動きを良くしたり、筋肉などの炎症や損傷の治癒力を高める治療を行うため、高齢者の治療に当たることが多いですが、クラブ活動に勤しむ中学生、高校生など学生も多く来院します。柔道整復師を目指す方はご自分でも運動をなさっている方が多いので、自身が若いころ活躍した部活の学生を集客して運営している接骨院も多いです。