【肌トラブルを解消】悩みに合ったスキンケア方法を見つけよう

製品の使い方

美容液

使用量の目安

スキンケア製品はそれぞれで使用する量が決められています。無駄な消費をしないで正しいお手入れをするためには、指定された使用量を守ることが大切です。多くの化粧水は、「500円硬貨サイズの量」と指定しています。ただし、一回で500円玉硬貨サイズを化粧水ボトルから手のひらに出すと、こぼれて無駄になってしまいます。3回くらいに分けて使うと無駄がなく、さらに化粧水も肌にムラなくつきます。コットンで化粧水をつける場合は、コットンから化粧水がしたたる程度がベストです。あらかじめ水で濡らし、軽く絞っておいたコットンに化粧水を含ませるようにすれば、大量消費を予防できます。コットンで化粧水パックをすると肌が柔らかくなり、スキンケアの質が向上します。ただし、パックのしすぎは水分の蒸発による肌の乾燥を招くので逆効果です。コットンパックは5分程度に留めるのが理想的です。乳液の場合は化粧水より少し少ない、1円玉硬貨サイズを推進しているスキンケア製品メーカーが多いようです。化粧水をつけたあと、または美容液をつけたあとに乳液を手のひらに出し、顔の中央から外側に向かって伸ばすようにつけます。乾燥が気になるなら2回に分けてつけるのがお勧めです。乳液をつけるときについでにマッサージをする人もいますが、これは肌に負担がかかるのでNGです。マッサージをするなら、必ずフェイシャルマッサージ専用のスキンケア製品を使ってすることが大切です。

RECOMMEND POST

美容液

製品の使い方

化粧水や乳液などのスキンケア製品は使用量がだいたい決められています。もったいないからといって少量だけ使うと効果が落ち、だからといって大量に使っても無駄になります。適量を使うのが肌にとってもお財布にとってもベストです。

基礎化粧品

肌への栄養補給を心掛けて

肌は常にスキンケアで健康な状態に保っておくことが大切です。何もしないでいることは常に紫外線などのダメージを受けている状態ですので、年齢ごとに自分の肌の調子を把握し健やかな肌でいられるよう心がけましょう。

女の人

肌質にあったケア方法

一年中粉がふいてかさつきやすいのが乾燥肌、ニキビができやすくファンデが浮きやすいのが脂性肌です。肌質は人それぞれ違います。肌の悩みを改善するためには、自分の肌質にあったスキンケアをすることが大切です。

Copyright© 2017 【肌トラブルを解消】悩みに合ったスキンケア方法を見つけよう All Rights Reserved.